2017年2月24日金曜日

Walls キングス・オブ・レオン (Kings of Leon)

この曲はKings of Leonの7枚目にあたる同名のアルバムに収録されています。聞くところによると,アルバムタイトルのWALLSは「We Are Like Love Songs(人間はラヴ・ソングのようなもの)」の頭文字を取ったものだそうですが,仮にそうだとして,それが意味するところは何なのでしょうか?.  ラヴ・ソングのようにとにかく美しいと言いたいのか,あるいは大袈裟だと言いたいのか,それとも似たり寄ったりだと言いたいのか。どうでしょうか?
This is a track from Kings of Leon's 7th album WALLS sharing the same title.  It's said the album title is an acronym of We Are Like Love Songs.  If so, what are they trying to say with it then?  Are they saying we're just beautiful, exaggerated or too similar?  What do you think?  
Walls  (Kings of Leon)

[Verse 1]
I can't get there on my own
You can't leave me here alone
I’m just trying to do what’s right
Oh a man ain’t a man 'less he’s fought the fight

[Verse 2]
I could never point you out
Waste of space in a faceless crowd
Tell me what I have to say
If you know what’s right, then you’ll walk away

[Chorus]
When the walls come down
When the walls come down
When the walls come down
When the walls come down

[Verse 3]
One by one I've seen em fall
Some just don’t show up at all
I’m just here to fight the fire
Oh a man ain’t a man 'less he has desire

[Chorus]
And the walls come down
And the walls come down
When the walls come down
When the walls come down

[Bridge]
You tore out my heart
And you threw it away
The western girl with eastern eyes
Took a wrong turn and found surprise awaits
Now there’s nothing in the way
In the way
In the way
In the way

[Chorus]
When the walls come down
When the walls come down
When the walls come down
When the walls come down

[Bridge]
You tore out my heart
You threw it away
The western girl with eastern eyes
Took a wrong turn and found surprise awaits
Now there’s nothing in the way
In the way
In the way
In the way

[Verse 1]
どうやたって俺だけじゃ,そんなとこまで行けないし
このままひとりにしないでくれよ
とにかくやらなきゃいけないことを,ただやろうとしてるだけ
だって人間なんてのは戦ってナンボだろ?

[Verse 2]
どうせお前にゃわからないよな?
自分がその他大勢のなんてことないヤツだって
何て言えばいいんだよ?わかってるんなら教えてくれよ
だけどどうすりゃいいのかが,ちゃんとお前にわかってんなら
いなくなってるハズだよな?

[Chorus]
そしたら壁が崩れて消えた
壁が崩れてしまったら

[Verse 3]
次から次へとダメになる,それをずっと見て来たし
最初から姿の見えないヤツもある
こうやって炎を消そうとしてるけど
人間なんていうものは,欲があるのが当たり前

[Chorus]
そしたら壁が崩れて消えた
壁が崩れてしまったら

[Bridge]
俺の気持ちをズタズタにして
しかもそいつをあっさり捨てた
東の目をした西の女は
進む道を間違って,思いもかけない結果になった
もう今は邪魔するものは何もない

[Chorus]
壁が崩れてしまったら

[Bridge]
俺の気持ちをズタズタにして
しかもそいつをあっさり捨てた
東の目をした西の女は
進む道を間違って,思いもかけない結果になった
もう今は邪魔するものは何もない

(余談)

リードで述べたタイトルの件ですが,仮にそれが正しいとすれば,この曲もラヴ・ソングの流れで考えるべきでしょう。ただ個人的には,この曲は主人公が自分に対して「このままじゃダメだぞ」と語っているように思えるので,あまり恋愛を意識させない訳にしています。

それはともかく,この曲は個人的には悪くないと思うのですが,英語圏におけるこの曲及びアルバムのレヴューは(少なくとも今のところは)デビュー当時の破天荒なキャラがすっかりなくなり,売れ線を意識したそこらのよくあるバンドになったとあまり芳しくありません。

常に世間の評価に晒されるアーティストの苦悩を見るような気がします。

2017年2月23日木曜日

Constant Craving k. d. ラング (k.d. lang)

「そうしたくってたまらないそんな思い(Constant Craving)」とは一体何なのか?おそらくそう考えたのは私だけではなく,k. d. lang当人にツイッターでこの曲の意味を聞いた人がいたそうですが,彼女はそれに「聖なる不満(divine dissatisfaction)」と答えたんだとか。彼女が「聖なる」という言葉を「不満」という言葉の前につけた理由はわかりませんが,ひょっとしたらその「不満」があったからこそ,人間はここまで来られたのかもしれません。
What does 'Constant Craving' mean?  Probably I'm not the only one who has the question.  I read that someone once asked k. d. lang about the meaning of the song on Twitter and she replied to it, saying it's about "divine dissatisfaction".  I don't know why she put 'divine' before 'dissatisfaction' but maybe it's dissatisfaction that has been keeping us human moving forward
Constant Craving  (k. d. lang)

Even through the darkest phase
Be it thick or thin
Always someone marches brave
Here beneath my skin

And constant (Constant)
Craving (Craving)
Has always (Always)
Been (Been)

Maybe a great magnet pulls
All souls to what's true
Or maybe it is life itself
That feeds wisdom to its youth

Constant (Constant)
Craving (Craving)
Has always (Always)
Been (Been)

Craving
Ah, constant craving
Has always been
Has always been

Constant (Constant)
Craving (Craving)
Has always (Always)
Been (Been)

Constant (Constant)
Craving (Craving)
Has always (Always)
Been (Been)

Craving
Ah, constant craving
Has always been
Has always been
Has always been
(Has always)
Always been
(Has always)
Always been
[fade out]

最悪の状況だって
いい時でも悪い時でも,たとえ何が起こっても
いつだって怖れずに進んで行ける人間が
自分の中にちゃんといて

どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

まるで磁石に引かれるように,たとえどんな人間だって
本当のことが知りたくなるのかも
もしそうじゃなくたって
生きているそれだけで,子どもは賢くなってくのかも

どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

何かを求める強い気持ちが
どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

何かを求める強い気持ちが
どんな時だって(どんな時だって)
そうしたくって仕方ない(欲しくってたまらなない)
そんな思いが今までずっと(今までずっと)
いつもそこにあったんだ

(余談)

Constant Cravingというタイトルを見て,真っ先に頭に浮かんだのは,ドラッグやアルコールだったのですが,どうやらこの曲に限ってはそれらを歌ったものではないようです。

k. d. langがゲイであることから,その文脈で語られることの多いこの曲ですが,仏教系の出版物であるShambala Sunに本人が語ったところによると,この曲は「輪廻転生」について歌ったものなのだとか。

ただ,具体的な記述がまったくない歌詞なので,当然のことながら様々なものに対する「欲求」の曲と捉えることが可能で,一般的によく言われる「財産」「地位」「名誉」に加え,アルコール,ドラッグ,もっと卑近な例で言うと,揚げ物,甘い物,ジャンクフード(すべて大好物です)などもその対象になるような気がします。

2017年2月22日水曜日

City of Stars ライアン・ゴズリング・アンド・エマ・ストーン (Ryan Gosling & Emma Stone)

2016年に公開されたアメリカのミュージカル映画「La La Land」に使われている曲で,第74回ゴールデン・グローブのBest Original Songを受賞している他,第89回アカデミー賞の同じ部門にもノミネートされています。タイトルのlalalandは,舞台となるロサンゼルス (LA)の他に「現実との接触を失った人間が暮らす,現実にはない架空の場所」を表しています。
It's a song featured in a 2016 American musical film, "La La Land" which won Best Original Song at the 74th Golden Globe Awards and is nominated for the same category at the 89th Academy Award.  The title represents an idiom "lalaland" meaning "a fictional, nonphysical place where people out of touch with reality live" as well as LA (Los Angeles) where the story takes place.
City of Stars  (Ryan Gosling)

[Sebastian's Verse: Ryan Gosling & Emma Stone]
City of stars
Are you shining just for me?
City of stars
There's so much that I can't see
Who knows?
I felt it from the first embrace I shared with you
That now our dreams
They've finally come true

[Mia's Verse: Emma Stone & Ryan Gosling]
City of stars
Just one thing everybody wants
There in the bars
And through the smokescreen of the crowded restaurants
It's love
Yes, all we're looking for is love from someone else
A rush
A glance
A touch
A dance

[Duet: Ryan Gosling & Emma Stone]
A look in somebody's eyes
To light up the skies
To open the world and send it reeling
A voice that says, I'll be here
And you'll be alright

I don't care if I know
Just where I will go
'Cause all that I need is this crazy feeling
A rat-tat-tat on my heart

[Outro: Ryan Gosling & Emma Stone]
Think I want it to stay
City of stars
Are you shining just for me?
City of stars
You never shined so brightly

[Sebastian's Verse: Ryan Gosling & Emma Stone]
キラキラと輝いている「スター」だらけのこの街は
この俺を待ってるのかな?
華やかなこの街だけど
俺のまだ知らないことが山のように残ってる
そんなの誰にもわからないけど
お前と一緒に抱き合って,それがすぐにわかったよ
これでようやくお互いの
夢が本当になったって

[Mia's Verse: Emma Stone & Ryan Gosling]
キラキラと輝いている「スター」だらけのこの街で
みんなの願いはひとつだけ
バーだとか
混雑したレストランとか,そういう場所にくすぶっている,タバコの煙の先にあるもの
「愛」ってヤツを探してる
誰かから想われたいって思ってる
ときめきや
ちょっとした視線とか
触れ合いや
ダンスとか

[Duet: Ryan Gosling & Emma Stone]
ちょっと相手の目を見つめたら
空がパッと明るくなって
世界が開けて回りだす
そばについててあげるから
大丈夫って声が聞こえる
そんなのちっとも気にしない
この先何が起こっても
だってこのおかしな気持ち
ドキドキドキって胸の鼓動が
あればそれで十分だから

[Outro: Ryan Gosling & Emma Stone]
こんな風に言われたい
キラキラと輝いている「スター」だらけのこの街は
この俺を待ってるのかな?
華やかなこの街だけど
こんな風に輝くとこを今まで見たことなかったよ

(余談)

「lalaland」・・・いわば「あっちの世界」ということなんでしょうか?

2017年2月21日火曜日

As Long As He Needs Me シャーリー・バッシー (Shirley Bassey)

Shirley Basseyという名前は私の中ではあのGoldfingerと結びついているので,もう少しゴージャスで危険な香りのする曲を予想していたのですが,この曲は全く違いました。 元々はミュージカル映画「Oliver!」の中で,ひどい扱いを受けつつも,犯罪者の恋人のことを諦めきれない登場人物のひとりが歌う「片想い」の曲です。
"Shirley Bassey" has been associated with something a bit dangerous or gorgeous like Goldfinger in my mind.  This song is completely different from it. It's originally a torch song sung by a character who loves her criminal boyfriend even being mistreated by him in a musical film Oliver!
As Long As He Needs Me  (Shirley Bassey)

As long as he needs me...
Oh, yes, he does need me...
In spite of what you see...
...I'm sure that he needs me

Who else would love him still
When they've been used so ill?
He knows I always will...
As long as he needs me

I miss him so much when he is gone
But when he's near me
I don't let on...

...The way I feel inside
The love, I have to hide...
The hell! I've gone my pride
As long as he needs me

He doesn't say the things he should
He acts the way he thinks he should
But all the same
I'll play
This game
His way

As long as he needs me...
I know where I must be
I'll cling on steadfastly...
As long as he needs me

As long as life is long...
I'll love him right or wrong
And somehow, I'll be strong...
As long as he needs me

If you are lonely
Then you will know...

When someone needs you
You love them so

I won't betray his trust...
Though people say I must

I've got to stay true, just
As long as he needs me

あの人にいてくれよって言われるうちは
本当よ,あの人はアタシがいなきゃダメなんだから
そんな風には見えなくたって
あの人はアタシがいなきゃダメなんだって

だってアタシがそうしなきゃ,あの人を誰が大事にしてくれる?
今まであんなひどい仕打ちを,ずっとやって来てるのに
でもアタシは違うって,あの人にはわかっているの
いてくれよって言ってるうちは

そばにいないと寂しくて,会いたくて仕方ないのに
逆にそばにいる時は
どうしても・・・

自分の気持ちを出せなくなって
隠さなきゃいられなくなる
本当にヤになるよ,プライドなんかなくなるの
あの人にいてくれよって言われたら

あの人は優しいことも言わないし
自分のことしか考えなくて,好き勝手にしてるけど
それでもやっぱり関係ないの
このままで
あの人が望む通りに
アタシはやってあげたいの

あの人にいてくれよって言われるうちは
どうすればいいのかちゃんとわかってる
ブレずにしっかりついてくの
あの人にいてくれよって言われるうちは

生きているうちは
あの人がたとえ何をやったって,ずっと支え続けるの
なんだか強くなれる気がする
あの人にいてくれよって言われるうちは

今ひとりぼっちなら
この気持ちもわかるはず

いて欲しいって言われら
相手のことが好きになるって

あの人を裏切るなんて絶対しない
周りからそうしろって言われても

一途に想い続けるの
あの人にいてくれよって言われるうちは

(余談)

犯罪者で恩知らず・・・私が主人公の友人なら間違いなく「やめとけ」と諭すと思います。果たしてこの主人公が単に世間知らずなのか,それとも相手がかなりの「使い手」なのかはわかりませんが,主人公に「薄井幸代(うすいさちよ)」的なものがあるのは否定できないような気がします。

2017年2月20日月曜日

So Good ルイーザ・ジョンソン (Louisa Johnson)

この曲は2016年のX Factor UKを勝ち抜いたLouisa Johnsonのデヴュー・シングルですが,この独特の声を聞けば,彼女が優勝したのも当然であると思われます。私が審査員でもきっと彼女に一票入れるでしょう。
This is a debut single of Louisa Johnson who won the X factor UK in 2016.  There's no denying that she has a distinctive voice and no wonder she won the title.  If I were one of judges, I'd vote for her for sure.
So Good  (Louisa Johnson)

[Verse 1]
I said I'm 'bout five minutes away
One more stop and I'll be off this train
I'm free any day of the week, always losing some sleep
I told myself I'll be back by ten
Trying to save myself for the weekend
But I know me, I hate to miss a party

[Pre-Chorus]
Don't say, don't say I didn't warn you
Don't say I didn't warn you
I live for the moment

[Chorus]
I wasn’t supposed to go out tonight
I should be at home, I got work at 9
Shouldn’t be out here doing what I like
But it feels so good, so good
I was only gonna be an hour or two
I guess that now I'm here I'm going down with you
But it feels so good, so good

[Verse 2]
Angel on my shoulder's giving up on me
No listening to him and I can hardly speak
The music they play, makes me this way, oh yeah
I think it was only 10, how did it get to 3?
It's like I'm in my own time machine
But you know me, I'll never leave

[Pre-Chorus]
Don't say, don't say I didn't warn you
Don't say I didn't warn you
Just live for the moment

[Chorus]
I wasn’t supposed to go out tonight
I should be at home, I got work at 9
Shouldn’t be out here doing what I like
But it feels so good, so good
I was only gonna be an hour or two
I guess that now I'm here I'm going down with you
But it feels so good, so good

[Bridge]
Cause everyone I know is here
Drinking sours, crying tears
Living out the best years
So keep on toasting shots, cheers
People know it feels
So good

[Chorus]
I wasn’t supposed to go out tonight
I should be at home, I got work at 9
Shouldn’t be out here doing what I like
But it feels so good, so good
I was only gonna be an hour or two
I guess that now I'm here I'm going down with you
But it feels so good, so good

[Verse 1]
あと5分って言ったでしょ?
次の駅に止まったら,すぐに電車を降りるから
何曜日だって時間はあるし,遅くなるのも気にしない
10時までには帰らなきゃって,一応自分じゃ決めてるし
週末になるまで我慢しなきゃダメって,頑張ってもいるけれど
自分のことはわかってる,パーティを見逃すなんて出来ないの

[Pre-Chorus]
聞いてないとか言わないで
ちゃんと前に言ったでしょ?
この先なんてどうでもよくて,この瞬間が全てなの

[Chorus]
今夜はどこにも出かけずに
家にいなきゃダメなのよ,明日の朝9時から仕事なんだから
外に出かけてこんなこと,ここでやってちゃダメなのに
楽しくて困っちゃう
ちょっとだけ,1・2時間って思ってたのに
気が付くと,アンタとこんなことになってる
なのにすっごく楽しいの

[Verse 2]
耳元で叱ってくれる天使さえ,もう匙を投げちゃった
だって言うこと聞かないし,口さえも利けなくて
あの音楽がいけないの,だからこんなになっちゃった
まだ10時のはずなのに,なんでもう3時なの?
自分だけタイム・マシンに乗ってるみたい
でもバレているのよね?帰るわけないってことは

[Pre-Chorus]
聞いてないとか言わないで
ちゃんと前に言ったでしょ?
この先なんてどうでもよくて,この瞬間が全てなの

[Chorus]
今夜はどこにも出かけずに
家にいなきゃダメなのよ,明日の朝9時から仕事なんだから
外に出かけてこんなこと,ここでやってちゃダメなのに
楽しくて困っちゃう
ちょっとだけ,1・2時間って思ってたのに
気が付くと,アンタとこんなことになってる
なのにすっごく楽しいの

[Bridge]
仲間がみんなここにいて
サワーを飲んだり,泣きわめいたり
人生で最高の時を過ごしているところ
だから乾杯,グラスを空けて
みんなわかってるんだから
そうすれば楽しいっていうことが

[Chorus]
今夜はどこにも出かけずに
家にいなきゃダメなのよ,明日の朝9時から仕事なんだから
外に出かけてこんなこと,ここでやってちゃダメなのに
楽しくて困っちゃう
ちょっとだけ,1・2時間って思ってたのに
気が付くと,アンタとこんなことになってる
なのにすっごく楽しいの

(余談)

ただ不思議なことに,この手のコンテスト番組で勝ち上がったアーティストはなかなかその後ブレイクしにくいのも事実で,素晴らしい声を持っていながら,その後チャートに登場する機会にはなかなか恵まれないアーティストも少なくありません。

そういった状況を見ていると「声」だけでは不十分なのかという考えも浮かんできますが,その一方で,Rihannaをはじめとして,「声」だけで勝負しているアーティストも少なからず存在します。

だとすれば,ヒットを飛ばせる資質とは一体何なのか?今回この曲を取り上げながら,そんなことを考えました。

2017年2月19日日曜日

A Dream Is A Wish Your Heart Makes シンデレラ (Cinderella)

Most fairy tales end like "They lived happily ever after."  I'm not sure if it's the closing line of Cinderella.  I don't think the Prince and the Cinderella lived happily ever after.  The society he was brought up and lives in now is almost unimaginably different from hers.  It's not very easy for her to fit in.
「2人はいつまでも幸せに暮らしました」というのはお伽話の決まり文句です。シンデレラの最後がこうなっているのかは知りませんが,仮にそうだとしても,王子とシンデレラが問題なく「いつまでも幸せに暮らし」ていけたとは思えません。2人の育ってきた環境があまりに違い過ぎて,彼女が王子のそれに順応できないからです。
A Dream Is A Wish Your Heart Makes  (Cinderella)

[Verse 1]
A dream is a wish your heart makes
When you're fast asleep
In dreams you will lose your heartaches
Whatever you wish for, you keep
Have faith in your dreams and someday
Your rainbow will come smiling through

[Chorus]
No matter how your heart is grieving
If you keep on believing
The dream that you wish will come true

[Verse 2]
A dream is a wish your heart makes
When you're feeling small
Alone in the night you whisper
Thinking no one can hear you at all
You wake with the morning sunlight
To find fortune that is smiling on you

[Bridge]
Don't let your heart be filled with sorrow
For all you know, tomorrow
The dream that you wish will come true

[Chorus]
No matter how your heart is grieving
If you keep on believing
The dream that you wish will come true

[Verse 1]
心の中で願ったことが夢になって出てくるの
夜眠りに落ちた時
そして夢の中でなら,辛いことも忘れられるし
欲しい物も手に入るのよ
だから夢を信じなきゃ,そうすればいつの日か
虹が空に現れて,微笑みかけてくれるから

[Chorus]
どんなに辛い時だって
諦めないで信じていれば
夢見たことが本当になるの

[Verse 2]
心の中で願ったことが夢になって出てくるの
自分に自信がなくなって
真夜中にたったひとりで,ひとりごとを呟いている
誰にも気づいてもらえないって,そんな風に思ってたって
朝日を浴びて目覚めると
素晴らしいことが待ってるの

[Bridge]
そんなに悲しむことないの
だってわからないでしょう?
明日になれば夢見たことが,本当になるかもしれないの

[Chorus]
どんなに辛い時だって
諦めないで信じていれば
夢見たことが本当になるの

(余談)

少なくとも一夫一婦制の社会においては,結婚相手は1人しか選べません。つまり,王子がシンデレラと結婚したとすれば,いずれは彼女が王妃になるわけですが,王妃という立場には様々な条件が要求されます。

例えば,外国語の教養,人脈,ファッション・センス・・・。王妃たるものその一つが欠けていても許されませんが,シンデレラの場合,外国語の教養はともかく,人脈とファッション・センスについてはほぼ期待できないので,仮に王子とめでたく結婚したとしても,宮廷内の支持が得られないであろうことは間違いありません。

無論その点については,夫たる王(子)の力を借りるという手もないではありませんが,夫には国政を司るという重責があるので,周囲とうまくいかないという妻のグチにそうそう付き合っているわけにはいきません。

結果的によくある「夫はいつもアタシの話を聞いてくれない」「仕事で疲れているのにあんなくだらん話を聞いてられるか」的な展開となることは明らかです。

「結婚相手は価値観の合う人と」というのはお伽話においても絶対原則であるように思われます。

2017年2月18日土曜日

Shed A Light ロビン・シュルツ,デイヴィッド・ゲッタ (Robin Schulz & David Guetta ft. Cheat Codes)

ある曲の主要な構成要素はメロディと歌詞であり,曲の焦点あるいは核となるのは,コーラスだとこれまでは思っていたのですが,EDMの場合はどうやらそうではなく,通常コーラスと第2連の間に来るインスト部分が,その曲の核となることが少なくないようです。
I thought the main components of a song are the melody and the lyrics and the focal point or the core is the chorus.  However, it's not necessarily true in EDM.  I heard the 'drop'or an instrumental segment of the song which often comes somewhere between chorus and verse 2  is the core of the song.
Shed A Light  (Robin Schulz & David Guetta ft. Cheat Codes)

[Verse 1]
Why are you keeping me at a distance?
All that I'm asking for is forgiveness
Are you even listening? Am I talking to myself again?
I keep on staring up at the ceiling
Waiting for you to give me some kind of reason
Are you even listening? Am I talking to myself again?

[Pre-Chorus]
And I know you don't owe me your love
And I know that you don't owe me nothing at all
Ain't no way I'm giving up on you

[Chorus]
Don't leave me here in the dark when it's hard to see
Show me your heart, shed a light on me
If you love me, say so, If you love me, say so
You know I can't live without you, I'm on my knees
Where are you now? Shed a light on me
If you love me, say so, If you love me, say so

[Verse 2]
Why when I call, you never answer?
I try to talk, you keep on dancing
I can feel you on my skin, but am I only dancing with the wind?

[Pre-Chorus]
And I know you don't owe me your love
And I know that you don't owe me nothing at all
Ain't no way I'm giving up on you

[Chorus]
Don't leave me here in the dark when it's hard to see
Show me your heart, shed a light on me
If you love me, say so, If you love me, say so
If you love me, say something
You know I can't live without you, I'm on my knees
Where are you now? Shed a light on me
If you love me, say so, If you love me, say so

[Post-Chorus]
Shed a light, shed a light on me
Shed a light, shed a light on me
Don't leave me here in the dark when it's hard to see
Show me your heart, shed a light on me
If you love me, say so, If you love me, say so

[Verse 1]
俺のこと,なんでそんなに避けるんだ?
許してくれって頼んでる,ただそれだけのことなのに
ちゃんと話を聞いているのか?それとも俺が一方的にただ喋ってるだけなのか?
天井をこうしてじっと見つめたままで
こうなったその理由(わけ)を言ってくれるのを待っている
ちゃんと話を聞いているのか?それとも俺が一方的にただ喋ってるだけなのか?

[Pre-Chorus]
好きになって欲しいけど,無理強いはできないし
お前がイヤなら仕方ないけど
どうしても忘れられない

[Chorus]
このままでひとりぼっちにしないでくれよ,どうしていいかわからないから
本当の気持ちを隠さずに,俺に光を投げかけてくれ
まだ気持ちが残ってるなら,そうだって教えてくれよ
お前がいなきゃダメなんだ,土下座したい気分だよ
今お前はどこにいるんだ?俺に光を投げかけてくれ
まだ気持ちが残ってるなら,そうだって教えてくれよ

[Verse 2]
なんでだよ?電話したって無視するし
話し合おうとしてみても,お前はずっと踊ってる
まだお前の感触がこの肌に残ってるけど
それってただのマボロシなのか?


[Pre-Chorus]
好きになって欲しいけど,無理強いはできないし
お前がイヤなら仕方ないけど
どうしても忘れられない

[Chorus]
このままでひとりぼっちにしないでくれよ,どうしていいかわからないから
本当の気持ちを隠さずに,俺に光を投げかけてくれ
まだ気持ちが残ってるなら,そうだって教えてくれよ
お前がいなきゃダメなんだ,土下座したい気分だよ
今お前はどこにいるんだ?俺に光を投げかけてくれ
まだ気持ちが残ってるなら,そうだって教えてくれよ

[Post-Chorus]
俺に光を投げかけてくれ
望みがあるって思わせてくれ
このままでひとりぼっちにしないでくれよ,どうしていいかわからないから
本当の気持ちを隠さずに,俺に光を投げかけてくれ
まだ気持ちが残ってるなら,そうだって教えてくれよ

(余談)

プリ・コーラスで主人公は「Ain't no way I'm giving up on you」と言っていますが,この部分をそのまま「絶対にお前のことを諦めない」と訳してしまうとストーカーの匂いがしてくるため,ここでは「どうしても忘れられない」と訳しています。

また,原文が「If you love me, say so 」であるだけなのに,コーラスで「まだ気持ちが残ってるなら」と和訳しているのは,第一連に「All that I'm asking for is forgiveness(許してくれって頼んでる,ただそれだけのことなのに)」という箇所があり,そこから主人公が何かをしでかしてしまったために,相手に愛想を尽かされそうになっていると考えられるためです。

シンガーと異なり,DJは基本的にあまり自身で歌わないわけですが,声やメロディや歌詞がシンガーの「芸風」を作り上げているように,彼らの場合はドロップがそのDJの「芸風」を作り上げているのかもしれません。